1. ホーム
  2. 『ものづくりでひとづくり』 (諏訪市独自のものづくり教育)

『ものづくりでひとづくり』 (諏訪市独自のものづくり教育)

概要

 平成15年(2003年)に、市内の企業・行政(経済部・教育委員会)・学校(市内11小中学校)が連携して始めた「地域密着型ものづくり講座」を出発点とし、諏訪市独自の教科である「相手意識に立つものづくり科」の授業を通して、次代を担う児童生徒の育成の大事な柱の一つとして『ものづくり教育』を進めてきています。
 「相手意識に立つものづくり科」は、諏訪のものづくりの精神を受け継ぎ、常に使い手の立場に立ったものづくり(誰かのためのものづくり)を通して、「ものづくりでひとづくり」をキーワードに、ものづくりへの興味関心を高めるとともに、相手への思いやりや創意工夫する力などの心の育成(ひとづくり)を目指して実践を重ねてきています。

写真・図(要点説明)


企業概況

企業・団体名 諏訪市教育委員会 地域 諏訪市
業種 ホームページ http://www.city.suwa.lg.jp/
企業紹介

特記事項

提供できる価値及び応用分野 ◇児童生徒の意識調査から
※本市では、ものづくり教育に関する児童生徒の意識調査をH20年度から継続してきました。

①ものづくりに関する「興味・関心・意欲」面の質問
⇒小中ともに、肯定的な反応が 85%~90%

②心の育ちに関する質問(相手の気持ちを考える)
⇒小学生;85%前後、中学生;80%前後が肯定的反応 

③キャリア教育面に関する質問 ⇒小学生;肯定的な反応が、60%~90%の間
⇒中学生;肯定的な反応は、50%~70%の間

 

 

ログイン