1. ホーム
  2. 3次元物体表面へのカーボンナノチューブ直接成長法

3次元物体表面へのカーボンナノチューブ直接成長法

概要

カーボンナノチューブ(CNT)の配向成長面は、無数の微細な空隙が存在するため、入射した光がほぼ全て吸収される特徴がある。そこで、CNT成長面をカメラや天体望遠鏡等の光学機器内の光散乱を防止するための黒色面として応用することが期待されています。しかし、従来、CNTを金属・炭素材料表面に直接成長させるためには、高真空中でのスパッタリングによる表面前処理が必要であったため、複雑な3次元物体表面にCNTを成長させることは困難でした。

本技術では、スパッタリングの代わりに大気中で実施できる粒子ブラスト処理を利用してCNTを成長させることが可能です。スパッタリングが不要のため、カメラレンズ鏡筒の内面等にCNTを成長させることができます。展示会では、実際にCNTを成膜したサンプルを展示します。

写真・図(要点説明)


企業概況

企業・団体名 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 地域 その他
業種 その他 ホームページ http://www.aist.go.jp/
企業紹介 基礎から応用に至る連続的な研究フェーズを有する「品格研究」の確立を目指しながら、攻めの姿勢による産学関連携と、基礎研究の成果を産業技術へ橋渡しする「第二種の基礎研究」の推進、そしてマネージメントの経験を有する研究者によるベンチャー(大人のベンチャー)への挑戦を通した社会の更なる活性化を山総研の主要活動目標として進めていきたいと考えています。

 

 

ログイン