1. ホーム
  2. 伝熱性能抜群 スパイラル形状伝熱管採用 熱交換器

伝熱性能抜群 スパイラル形状伝熱管採用 熱交換器

概要

保有する熱エネルギーの異なる2つの流体間で、熱エネルギーを交換する為に使用する機器が熱交換器です。特徴は、平滑管を特殊ツイスト加工より、波形スパイラル形状に成形しタービュレンスモーター(乱流効果促進材)の役割を発揮させた伝熱管を採用。一般的な平滑管と比較して次の様な利点があります。
①伝熱性能 スパイラル形状から内外面の流体を乱流状態に。この効果より伝熱性能が平滑管と比べ2倍以上の能力を発揮。伝熱管材質はCU(銅)SUS(ステンレス)Ti(チタン)などです。
②軽量・小型化 高い伝熱性能により平滑管と比較して軽量・小型化が可能となります。
③セルフクリーニング機能 乱流効果により平滑管と比較し、伝熱面の汚れの付着が半分以下となります。
④サーマルストレスの自己吸収性 タビレントチューブ特有の熱伸縮性で、熱による歪や応力を自己吸収します。

写真・図(要点説明)


企業概況

企業・団体名 株式会社 前田鉄工所 地域 その他
業種 ホームページ http://www.maedatekkou.co.jp/index.php
企業紹介

特記事項

特許取得・各種認証等取得状況 ISO9001認証取得  エコアクション21認証
提供できる価値及び応用分野 コンデンサー、オイルクーラー、排ガス・廃熱回収器等、流体や温度条件に合わせて設計・製作致します。
廃熱回収につきましては、省エネ化のご相談、診断も承っております。
お気軽にご相談下さい。

 

 

ログイン