1. ホーム
  2. 機能評価が可能な実用強度を持った3D造形

機能評価が可能な実用強度を持った3D造形

概要

一般的な3Dプリンタに比べて強度があり、機能評価モデルの造形が可能 な3D造形法です。

①形状を積層して造形していく為、複雑な形状のモデルも製作が可能
②光造形や一般的な3Dプリンタに比べて強度があり、機能評価モデルの造形が可能
③3次元CADデータ(詳細は下記記載)があれば造形が可能
④サポートが不要なので、多部品の一括造形が可能 (納期短縮、コストダウンにも効果)

写真・図(要点説明)


企業概況

企業・団体名 日川電機株式会社 地域 その他
業種 ホームページ http://www.hikawadenki.co.jp/
企業紹介

特記事項

特許取得・各種認証等取得状況 加工技術名称 … 『粉末焼結積層造形法』 ⇒ 通称:ナイロン造形
提供できる価値及び応用分野 応用分野 … 民生機器/産業機器など分野を問わず試作や機能評価用
医療分野参入(取引)実績 医療分野 … 試作用途としてが主だが採用実績あり

 

 

ログイン