1. ホーム
  2. 金型マイクロテクスチュアリング

金型マイクロテクスチュアリング

概要

MQL(最少潤滑油)での低摩擦実現、接合強度向上などに必要な機能性マイクロパターン、表面性状を制御する微細テクスチュアをステンレス鋼・工具鋼からなる金型上に創製する。射出成形あるいはプレス成形によりその微細形状パターンを転写できる。その特徴は、微細ポンチ形状から画像データ・イメージデータまで、ありとあらゆる2次元データを、インクジェットプリンターで直接金型表面に描画し、それを低温プラズマ技術を用いて、印刷していない部位のみを選択的に高硬度化し、印刷部分を機械的に除去するだけで、工具・金型が創製できることにある。特に微細製造技術とのコラボで、新しい製品・付加価値を生み出せる。

以下の図には、マイクロ打抜き用の異形ポンチを示す。

写真・図(要点説明)


企業概況

企業・団体名 芝浦工業大学(デザイン工学部デザイン工学科) 地域 その他
業種 ホームページ http://www.shibaura-it.ac.jp/
企業紹介

 

 

ログイン