1. ホーム
  2. 電源の組立検査ラインにおける部品点数削減の取り組み

電源の組立検査ラインにおける部品点数削減の取り組み

概要

 従来モデルに比べ5%以上の電力変換効率アップ、さらに30%以上の小型・軽量化を実現するために、組立検査
ラインでは以下の取り組みを実施しました。
これにより、部品点数合計100点以上、工数20分以上の削減に成功し、海外工場に負けないコストを実現しました。
1) RTV、フェライトビーズ、セラミックスペーサーの使用をゼロに
2) 半導体取付時のPFCダイオードなどの部品点数の削減
3) ねじ締めロボットの採用や半田タッチアップレス化など

写真・図(要点説明)


企業概況

企業・団体名 TDKラムダ株式会社 地域 その他
業種 ホームページ http://www.tdk-lambda.co.jp/
企業紹介

特記事項

特許取得・各種認証等取得状況 海外工場に負けないコストの実現により、国内のお客さまに近い場所での生産が可能になります。
これにより、より細やかでスピーディなサービスを提供することができます。

 

 

ログイン