1. ホーム
  2. 三次元『立体熱交換流路内蔵金型』のご提案

三次元『立体熱交換流路内蔵金型』のご提案

概要

 パルス通電接合加工(ダイレクトボンディング)・・・特殊金属接合のパイオニア
〜 長年蓄積された熱処理技術とSPS固相拡散接合の融合による特殊技術の応用 〜
 完全な金属接合により、金型内に様々な製品形状に沿った有効な熱交換流路の作成が可能になる。
 特に射出成形型の成形時の熱交換技術においては、
 ⇒キャビティー部等の温度コントロールができる
 ⇒理想的熱交換が可能
 ⇒ハイサイクル・ハイクオリティー成形を追求できる
 +(プラス) 精密熱処理(焼入れ・表面硬化処理)の付加により、金型品質も向上 【金型専門熱処理】

写真・図(要点説明)


企業概況

企業・団体名 諏訪熱工業 株式会社 地域 諏訪市
業種 金属製品,機械,輸送用機器,精密機器,その他製品 ホームページ http://www.suwanetsu.co.jp/
企業紹介 弊社は金型を中心に特に精度を要求される物の熱処理を手掛けております
ダイス鋼 ハイス マルテンサイト系ステンレス鋼など、
真空焼入れ、固溶化・溶体化処理 真空焼鈍 焼き鈍し・ならし 他



特記事項

特許取得・各種認証等取得状況 特許 第3548509号 パルス通電接合方法及び接合装置ならびに接合体
 ほか

 

 

ログイン