1. ホーム
  2. 地域密着型の産学連携で新たな価値の創造を。

地域密着型の産学連携で新たな価値の創造を。

概要

 本学では、積極的に地域産業振興に取り組むと共に、最先端の研究開発を推進して、地域の振興と本学の発展に寄与するため、2018年6月に6つの研究部門からなる地域連携研究開発機構を発足させました。
 地元企業等からの要望に基づいて行う研究開発課題の解決、最先端の研究開発を通してのシーズ発掘など、教員が学部や学科の枠を超えて協力し、地域の課題解決や教育研究水準の向上に寄与することを目的としています。
 また同機構の下で行われている産学公連携「スワリカブランド創造事業」では、地域資源の魅力を活かしながら、最先端のIoT通信技術の活用を通じて行政や地域の課題解決等を目的としています。

写真・図(要点説明)


企業概況

企業・団体名 公立諏訪東京理科大学 地域 茅野市
業種 その他 ホームページ https://www.sus.ac.jp/
企業紹介 地域に開かれた大学を目指して2002年に開学した本学は、システム工学部と経営情報学部の2学部、及び大学院工学・マネジメント研究科で構成され、特徴ある先端分野の教育・研究の深耕と「工学と経営学の融合教育」の更なる高度化を教育理念として教育研究を行っております。