1. ホーム
  2. 感性をデザインに活かす

感性をデザインに活かす

概要

感性をデザインに活かすためには,「感性操作」と「感性評価」を考えなければなりません.
「感性操作」とは,デザイン要素を駆使して人の心を操作することです.
「感性評価」とは,曖昧な心の働きを数値データとして捉えることです.
この2つをアイマークカメラ,脳波計,動作解析システムなどを用いて学術的検証によって新しいデザインとして提案しています.
詳細は,http://www.childlife-design.com/をご覧下さい.

写真・図(要点説明)


企業概況

企業・団体名 拓殖大学産学連携研究センター 地域 その他
業種 ホームページ http://www.takushoku-u.ac.jp/laboratory/crc.html
企業紹介

 

 

ログイン